綺麗になりたい女の子必見!夏のお肌対策は永久脱毛

安全で痛みがほとんどない優れた技術がクリニックやエステサロンで受けることができます。気軽に脱毛をすることで、ムダ毛の処理をする必要が無くなっています。

美容外科内で二重まぶたのための二重整形を行う医師

一つの美容外科でも、複数の医師が二重まぶたのための二重整形を行う場合もあるかと思います。二重まぶたのための二重整形は受ける人が多く、カウンセリングの当日に受ける事ができる場合も多いため、美容外科では複数の医師が対応する事もあります。

有名な大手の美容外科で二重まぶたのための二重整形を受けたいと考える人は多いみたいですが、有名な大手の美容外科だからすべての医師が二重まぶたのための二重整形の経験が豊富とは限りません。

どの様な美容外科であっても、新人医師がいたりもします。二重まぶたのための二重整形を行う際には、どの先生にお願いするのかという事までこだわる人もいるみたいです。

美容整形における蒙古襞と二重整形の関わり

美容外科で行われる一番ポピュラーな美容整形と言えば、一重や奥二重をパッチリ二重にする二重整形です。外人さんのような平行二重まぶたに憧れる方も多いですが、残念ながら日本人のほとんどはモンゴリアン独特の蒙古襞がはっているため、きれいな平行二重の人が少ないのです。

襞のはりが強いことでまぶたが重くなり、目頭の涙丘と呼ばれるピンクの部分が見えなくなります。そうすることで小さい印象の目や奥二重になります。二重整形では、この蒙古襞を切開することで目頭を大きく開き、パッチリとした印象の綺麗な二重まぶたを作り上げます。

埋没法による二重整形とは

二重整形で、メスを使わずに手軽にできる埋没法は、手術後の腫れも少ないため人気です。極細の糸でまぶたの裏側から皮膚を留めます。糸は内側に吸収されますので抜糸の必要がありません。麻酔の際に少し痛むだけで、大きな痛みはありません。

手術時間は片方10分程度と短いのがメリットです。二重の幅にもよりますが、まれに糸が緩んでしまうと元に戻ってしまうこともありますが、やり直しがきく手術でもあるので、二重整形が初めての方が多く希望されます。大阪で埋没法で二重整形を行なう際は、経験豊富なクリニックで相談することをオススメします。

美容整形の二重整形「切開法」のデメリット

美容整形の中でも二重整形は人気の高いメニューで、大阪でも多くの人が利用しています。 切開法は二重まぶたのラインをしっかりと作り、長く取れにくい状態にしたい人に向いている手術で、埋没法では上手くいかないようなまぶたが厚い人にも向いています。

一方で、切開法のデメリットとしては、術後にまぶたが腫れることや、一週間ほどのダウンタイムがあることが挙げられます。 この手術を受けた後は一週間ほどコンタクトや目元のメイクが出来ず、お風呂にも入れない(シャワーは可能)ことは覚えておく必要があるでしょう。

また、まぶたを切開して行う二重整形は、技術力の無い医師に受けると眼瞼下垂を起こしたりするリスクがあるため、大阪で美容整形を利用する時は技術力に定評があるクリニックを選ぶことをおすすめします。

鼻整形・二重まぶたなど美容整形に関する記事